ログイン
メニュー
閉じる

マイページにログインする

  1. TOP
  2. 料理長インタビュー
  3. KOTOWA京都 中村楼 桑原卓哉(Takuya Kuwabara)

ディアーズウエディング 料理長インタビュー

vol.2『もう一度食べたい』そう、思っていただける料理を。

『もう一度食べたい』そう、思っていただける料理を。

今回お話を伺ったのは、KOTOWA京都 中村楼の桑原料理長。

京都、八坂神社内にある”KOTOWA京都 中村楼”。創業室町時代という歴史漂う会場では、古き良き日本の結婚式が叶う。

そんな歴史ある会場の料理長は、桑原卓哉(くわはら たくや)さん。自他ともに認める、人見知りな性格の桑原料理長ですが、その料理長から生み出される料理は、ゲストの心を虜にする美しい料理。

今回は桑原料理長の料理に対する思いをインタビューしました。

一生に一度。思い出に残る料理をつくる。

美味しいのは当たり前。妥協せず、記憶にも記録にも残る料理で、おふたりとゲストをお迎えします。そして、もう一度食べたい、今までに食べたことのない…そんな気持ちになっていただけるように、想いを込めて作り上げています。

一瞬で笑顔になる。見た目の美しさにも徹底的にこだわる 前菜 20種類の野菜のプレッセ 本マグロとオマール海老 昆布〆アジと雲丹

学生の時にもっとも練習した仔羊のロースト 仔羊のロースト 季節野菜


 

まるでレストランのように。完成度を高める。

披露宴の進行に合わせて、たくさんの料理をいっせいに仕上げるのが結婚式の料理。レストランのように、お客さま一人ひとりのペースに合わせて作り、サーブすることは正直難しい環境です。でも、私たちは、お客様の目の前に運ばれた瞬間が最高の状態になるように、タイミングを調整し、温度、香りまでもご満足いただけるように完成させていきます。

細部にまで心をこめこだわりぬいた美味しさを届ける

温かい料理は温かいうちに。最高のタイミングでご提供 蝦夷鹿のロースト 無花果のキャラメリゼ


 

京都・八坂神社の鳥居内、480年以上の歴史を誇るKOTOWA 京都 中村楼は、外から見ると「和」そのもの。料理は和食をイメージされている方もいらっしゃるようです。でも、室内は洋の要素を取り入れてリノベーションされた空間で、ご提供する料理はフレンチ。フレンチの技法をベースに、おふたりの思い出の食材や京野菜など地元の食材を取り入れ、自分自身の経験や想いも込めて、オリジナルコースを完成させます。いろいろな「和」と「洋」の掛け合わせ、そのギャップを楽しんでいただけたらなと思います。

ディアーズウエディング
料理へのこだわり

美味しさや、見た目の美しさだけでなく、おふたりの想いや会場に合わせたオリジナルコースを楽しめるのがディアーズ・ウエディング。

ぜひ特別な日の為に、料理長にあなたの想いや希望を相談してみてはいかがでしょうか。

あなたのスマイル(結婚式)が、もっとすてきでもっと楽しく、思い出深いものになるよう、ディアーズウエディングがお手伝いさせていただきます。